言葉から紐解く、その人の本音

おはようございます。

雨の朝、文章を書きたい衝動にかられ、パソコン前に座りました。

パソコンを開き、Facebookをみて、目に飛び込んできた「断捨離」の文字

衣替えに合わせて、断捨離しようと決意した朝でもあります。

その件は、また後日。笑

10月スタートのパーソナルコーチング、3名募集2名さま募集しています。

************************

さてと、今日は何を書こうかな(^^)

人生において立ち止まって考える時は、誰にでもあると思うのですが、

私にとっては、今がその時、内観する時。

過去にも何度も、そのようなことは経験してきましたが、その時の感情を言葉として残してきませんでした。

現在は、コーチという職業を選択し、言葉の重要性を以前の何倍も感じています。

ここでは、感情を残すというのではなく、自分の言葉の見直しの大切さを書きたいと思います。

言葉には、その時々の感情、その人が鮮明に表れます。
自分でも気が付いていない、自分が浮き彫りになります。
隠された本音、諦めている事、決めつけている事、人との関係性や、人生観、価値観…。

自分をよく知り、正直に生きる人の言葉は、すごくシンプルであると感じます。

ですから自分軸のある人に、人は、動かされるのでしょうね。

自分をどれだけ、内観できているかで使う言葉が違う。重みが違う。

私の最近の話し

「変化し続ける自分である」ために、定期的にコーチングを受けています。

また、スポット的にもコーチングを利用します。

自分を大切に、自分が正直でいられるように

心地よく行動できるようにするために、

コーチングは、私にとって、自分と向き合うツールとしてなくてはならないものです。

答えは自分で見つけるのですが

自分と目をそらさず深く対話するために、私には、人の力(コーチの力)が必要です。

自分自身で作り出す問いには、限界がありますし、

たとえ問いが作れたしても、逃げたくなって、考える事をやめてしまう。

なぜ今回すポット的にコーチングを受けたかと言うと

言葉が淀む、感情がクリアでないと感じたからです。

理由は、話す前から、大体わかっていますが、コーチに心ゆくまで話すことで思考の整理ができます。

曖昧なものを、具体化していくプロセスを踏む努力は、簡単ではないと思います。

向き合いたくない時もありますし、

向き合わない選択をする事もあります。

ただ、思うのです。

チャレンジだけが自分を強くし、言葉に命を吹き込む事ができるのだと。

チャレンジから逃げると、自分に向ける言葉を、他人や社会に向けてしまう。

言葉と向き合い、不要なものを感じ、クリアにしていくためにどうするのか。

そのために、言葉を残す事、私が自分の苦手な書くことに自然と挑戦するようになりました。

究極にシンプルな感情で生きていくためには、

まだまだ、未熟すぎる。ふぅ〜

今日なくすかも知れない命を

自分の力で最後の瞬間まで、輝かせよう

命のコントロールは出来ないけれど

自分の人生のハンドルは自分で握ろう!

その先にきっと見たこともない景色が見えるのだと、私は思います。

*************************

輝き方は自分で決める。

heart labo 代表 高城直美

ライン@お気軽にご登録ください。

基本ブログ更新のご案内です。
友だち追加

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

募集中の講座はこちらからどうぞ 

継続セッション募集しています。

お問い合わせはこちらからどうぞ

コーチングを受けてくださる方の、継続セッションのテーマの一例です。

  • 変わりたいと漠然と思う
  • 夢や目標が見つからない
  • 一歩踏み出す勇気がない
  • 親子関係を見直したい
  • 必要以上に子どもに干渉してしまう
  • 起業準備中と言いはじめて数年経った
  • 転職を考えている
  • 売り上げを上げたい
  • 職場の人間関係を変えたい
  • 職場の人材の定着率を上げたい
  • 上司、部下とのコミュニケーションを見直したい
  • パートナーとの関係を見直したい
  • 何かを決断しても、周りの人の意見で気持ちが揺らぎ、自分の考えを持ちたい。
  • すぐに私なんてと考えてしまうため、もっと自分に自信を持ちたい

10月スタートの継続セッションの募集をしております。

継続セッションに関するオリエンテーションは無料です。

ご希望に合わせてカスタマイズさせていただきますので、お気軽にご連絡ください。

*精神疾患治療中の方は、申し訳ありませんがお引き受けできません。(治療終了されていらっしゃる方はお問い合わせください。)

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP