小学校で講話をさせていただきました。

演題「子どもの自己肯定感を高めるコミュニケーションとは」で講師をさせていただきました。

 

トラストコーチング 社の代表 馬場啓介コーチに、私たちコーチは、

 

・ステージの上に立たない

・講師が主役にならない

・一方通行に語りすぎない

・上から目線の先生にならない

・参加者を一人と無意識に傷つけない

 

という視点で講師ができるように、トレーニングをしてくださいます。

今回の演題は、「子どもの自己肯定感を高めるコミュニケーションとは」でしたが、自分の中で少し変更をして、今日から出来る自分の子どもの自己肯定感を高めるコミュニケーション」として臨みました。

誰一人として同じ人はいないでしょうし、子どもの性格も違うでしょう。

だとしたら、子どもの自己肯定感の高め方もきっと違うように思います。

 

 

まずは、そもそも自己肯定感て何?

というところから考えていただき、同じ言葉でも人によって捉え方が違う事に気が付いていただくところからスタートしました。

 

集まっていただいたお母さんたちは、熱心で子どもの事に真剣です!

そんな頑張りすぎのお母さん達に気持ちや頭がほぐれるような、視点をいくつか発見していただきました。

 

東温市西谷小学校の先生方、PTAのみなさまありがとうございました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP